しびれるナイスゲーム

今日の大分トリニータ戦。ものすごく見応えのあるゲームでした。
アビスパも大分も、お互いに持っているいいところを全て発揮して、90分を終えて0対0でしたが、とても中身の濃い内容で、このまま引き分けたとしても満足だと思えるような、まさにぼくの好みのゲーム内容でした。
サッカーの試合は、0対0の時が両チームのバランスが最もとれている状態なので、攻守それぞれにすごく見応えがあります。
今日ボランチで先発した枝村選手、地味なように見えますがすごくポジショニングがいいです。そしてユインス選手のスピード、ディフェンシブFW(?)といっていいような松田選手の献身的なプレー。今季“アビスパの心臓”というべき鈴木惇の働き。そういうものをスタンドから堪能しているうちに、後半アディショナルタイム3分に生まれたレオミの決勝ゴール。たまにこういう試合があるから、スタジアムでの生観戦がやめられないんですよね。

いつもながら、大分戦はアウェー側のスタンドがいっぱいに埋まって、とてもいい雰囲気です。また来週は信州松本から多くのサポーターがいらっしゃいます。アビスパにとっても昇格のライバルを相手にした重要なゲームです。今日のような、サッカーの面白さが詰まったナイスゲームを期待します。
画像

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック