シーズン終了

今シーズンのJ2リーグが終了しました。

まずは、監督、コーチングスタッフ、選手、フロントスタッフの皆さん、お疲れさまでした。

しかし、今年もまたJ1昇格はかないませんでした。プレーオフ圏内の6位とは勝ち点差1、それも最終節に逆転されての結果ですから、悔しいことは悔しいですが、今年は見ていて力強さを感じなかったし、総失点こそ少なかったもののけっこう隙はあったし、攻撃もリズムとテンポがなかったので、あまり面白さを感じませんでした。
結局、落ち着くべき順位に落ち着いたんだと思います。
これでまた来年、味わい深いJ2のリーグ戦を楽しむことができます。(・・・と、強がってみる)

今季は実績のあるベテラン選手を中心に戦いましたが、結果は出ませんでした。来シーズンは、青森山田の三國ケネディエブスくんが加入します。近い将来、日本代表を張れる逸材だと思います。彼を来季J1の舞台で戦わせることができなかったのは残念ですが、来年は今年より順位を下げてもいいから、来年一年は昇格争いに絡めなくても我慢するから、若手主体の編成にして、2〜3年後の黄金期に向けての種を蒔くシーズンにしてほしいです。

井原監督についてはサポーターの間でもいろんな意見があるところですが、なんだかんだいっても井原監督での4年間は毎年上位につけて昇格争いができたし、スポンサーもたくさんついたし、とても感謝しています。

さて來シーズンは、新潟や甲府や京都が今年のような成績じゃないでしょうし、J1から柏とか名古屋といった強豪チームがもしかしたら落ちてくるかもしれません。戦いがいのある厳しいシーズンになるでしょう。そして沖縄のFC琉球も昇格してきます。
ああ、早くも来年がたのしみになってきました(涙)。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック