Progress

先月の下旬、誕生日を迎えて53歳になりました。

自分が若い頃に思ってた53歳のイメージってもう老人に近いような年齢だったのですが、実際にこの年齢になってみると、体力こそ多少衰えを感じているものの、気持ちの面では昔とさほど変わらず、老け込んだ気持ちはないつもりです。
ただ、ここまで年齢を重ねてきて、精神的にどっしりしてきたというか、いい意味で、あんまり動揺することが少なくなったなぁ、って実感することはあります。これも、今までそれなりにいろんな経験を積み上げてきたおかげなんでしょうけど。

ぼくは特に座右の銘というような大げさなものではないですが、「なるようになる」というのをいつも心に置いていて、同時に常に「今の状況をあるがままに受け入れる」覚悟をしているつもりです。
また、今までの人生で、大なり小なりピンチに陥ったこともありましたが、今思い返してみると、単に運がよかっただけなのかもしれませんが、何とか乗り越えてこられました。そう考えると、「人生、たいがいのことは結局どうにかなる」というような楽観的な気持ちも併せもっていれば、自然と何かあっても動揺することが少なくなると思います。

この年齢になって、職場でも部下がいる立場になりましたが、何か大事が起きても、うろたえた態度を見せず、冷静に方向性を示してピンポイントで的確な指示、助言ができるような、そんな上司になりたいと思ってます。

これから目指していくのは、静かだけど存在感のある大人。懐が深くて器の大きい、周りの人にとって、穏やかな海のような、青空のような、そういう存在の人間になれるよう、これからも日々努力していこうと思っています。

Auguri.この1年、実りの多い年でありますように。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック