久かたの 雅のマラソン いとをかし

自分にとっての最後のフルマラソン、京都マラソンを走ってきました。

日曜日の京都は天気が良く、気温も予報よりもずいぶん暖かくなって走りやすかったのですが、タイムは4時間18分05秒。がんばって去年の熊本より7分アップさせたものの、やはりもう自分には4時間を切る走力はなくなっていました。
それでも精いっぱい自分のベストを尽くしての結果なので、全く思い残すことはありません。

5年前ぐらいから徐々にタイムが悪くなりだして、それでもふがいないタイムに終わったときは悔しい気持ちが充満して、次に走るときは絶対に頑張ろうと思う気力もあったのですが、だんだんとそんな気持ちもなくなってきていました。
そんな中でもどうにか4時間を切れるように、要所でがんばってあとは手を抜いて走るような帳尻合わせの走りもできていたのですが、去年の熊本で4時間を大きく超える結果に終わったことで、フルの大会から引退する覚悟が決まりました。

最後の大会に選んだ京都マラソンは、やはり素晴らしい大会でした。5年前にも走ったことがあったのでコースの良さは知っていたのですが、西京極の競技場からスタートして、桂川沿いの罧原堤 〜 嵯峨野 〜 きぬかけの道 〜 西大路通 〜 ハイソでお洒落な上賀茂・北山エリア 〜 府立植物園内 〜 鴨川の河川敷 〜 御所沿いの丸太町通 〜 百万遍 〜ゴールの平安神宮と、いろんな街の風情を楽しみながら京都のいいところを満喫できる、京都好きにとっては本当にたまらないコースです。

また、京都マラソンはコースだけでなく、運営も、ボランティアの皆さんも、沿道の応援の皆さんも、エイドの食料の充実度も、ほぼ完ぺきで申し分ありません。これまでフルマラソンの大会としては、指宿に始まり、宮崎、下関、加古川、館山、東京、北九州、福岡、熊本と走った経験がありますが、この中では個人的に京都マラソンがナンバー1だと思ってます。今回も、たくさんの方にお世話になりました。

また、アビスパのレプリカを着て走ったところ、同じアビスパユニの方はもちろん、札幌や浦和、代表のレプユニを着た方に声をかけていただき、京都サンガのサポーターの方々にも声援をいただきました。皆さん、本当にありがとうございました。

フルの大会に出場するのは終わりになりましたが、休みの日の走り込みは今後も続けていきます。これからの永遠の目標、体力の維持と体型の維持。自分のジョギング人生は、まだまだ続いていきます。

画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック