No CALCIO,No Life

いよいよ、今年のJ2リーグが開幕します。
アビスパの開幕は、アウェーでのFC琉球戦。さすがに沖縄までは行けないので、自宅でDAZN観戦です。

今季からファビオ・ペッキア監督が指揮を執ります。イタリア人としては珍しく、“カテナチオ”には拘らない、攻撃的なサッカーを標榜していると聞いています。
個人的には、昨シーズンまでの井原監督のウノゼロサッカーも好きだったのですが、ハイプレスを敷いて手数をかけずに前線へ繋いでいくサッカーも面白そうで、とても楽しみです。

今年はラグビーワールドカップでレベスタを使うため、現在芝の養生中で5月まではホームゲームは博多の森陸上競技場で開催されます。屋根がないので試合日は雨が降らないことを願うばかりですが、久しぶりの博多の森の陸上競技場も、楽しみではあります。

J2のリーグ戦は、選手のレベルはともかく、それぞれに個性的なチームが揃っていて、とても面白いリーグです。そしてJ1ほど上位チームと下位チームの実力差が大きくないと思うので、どの試合も難敵ばかり。自分なりに次の相手、その次の相手とDAZNの映像でスカウティングするのも、楽しい時間です。
アビスパは新監督の戦術が現時点でどのぐらい浸透しているのかわかりませんが、夏場までは6位以内をキープできる位置につけていれば、上出来だと思います。

また12月まで、毎週末に一喜一憂しながらサッカー観戦を楽しめること、このうえない幸せです。

久かたの 雅のマラソン いとをかし

自分にとっての最後のフルマラソン、京都マラソンを走ってきました。

日曜日の京都は天気が良く、気温も予報よりもずいぶん暖かくなって走りやすかったのですが、タイムは4時間18分05秒。がんばって去年の熊本より7分アップさせたものの、やはりもう自分には4時間を切る走力はなくなっていました。
それでも精いっぱい自分のベストを尽くしての結果なので、全く思い残すことはありません。

5年前ぐらいから徐々にタイムが悪くなりだして、それでもふがいないタイムに終わったときは悔しい気持ちが充満して、次に走るときは絶対に頑張ろうと思う気力もあったのですが、だんだんとそんな気持ちもなくなってきていました。
そんな中でもどうにか4時間を切れるように、要所でがんばってあとは手を抜いて走るような帳尻合わせの走りもできていたのですが、去年の熊本で4時間を大きく超える結果に終わったことで、フルの大会から引退する覚悟が決まりました。

最後の大会に選んだ京都マラソンは、やはり素晴らしい大会でした。5年前にも走ったことがあったのでコースの良さは知っていたのですが、西京極の競技場からスタートして、桂川沿いの罧原堤 〜 嵯峨野 〜 きぬかけの道 〜 西大路通 〜 ハイソでお洒落な上賀茂・北山エリア 〜 府立植物園内 〜 鴨川の河川敷 〜 御所沿いの丸太町通 〜 百万遍 〜ゴールの平安神宮と、いろんな街の風情を楽しみながら京都のいいところを満喫できる、京都好きにとっては本当にたまらないコースです。

また、京都マラソンはコースだけでなく、運営も、ボランティアの皆さんも、沿道の応援の皆さんも、エイドの食料の充実度も、ほぼ完ぺきで申し分ありません。これまでフルマラソンの大会としては、指宿に始まり、宮崎、下関、加古川、館山、東京、北九州、福岡、熊本と走った経験がありますが、この中では個人的に京都マラソンがナンバー1だと思ってます。今回も、たくさんの方にお世話になりました。

また、アビスパのレプリカを着て走ったところ、同じアビスパユニの方はもちろん、札幌や浦和、代表のレプユニを着た方に声をかけていただき、京都サンガのサポーターの方々にも声援をいただきました。皆さん、本当にありがとうございました。

フルの大会に出場するのは終わりになりましたが、休みの日の走り込みは今後も続けていきます。これからの永遠の目標、体力の維持と体型の維持。自分のジョギング人生は、まだまだ続いていきます。

画像


いざ、都大路へ。

自分のフルマラソンの引退レースにしている、京都マラソン出場のため、もうすぐ我が家を出発します。

このところの体力低下のため、フルを走る前に恒例にしている30km走の練習はできませんでしたが、今回は好タイムを目指すことよりも、最後の思い出作りのための出走なので、ゆっくり走りながら大好きな京都の町を思い切り楽しんでこようと思っています。

今回は最後の走りということで、嫁も応援のため同行します。スタートの西京極、途中の北山通での折り返しの往復区間、ゴールの平安神宮前と、応援ポイントも3か所決めているようです。

今回の泊まりは、あえて大阪の梅田にしました。5年前に京都マラソンを走ったときは京都駅前のホテルに泊まったのですが、四条烏丸で地下鉄から阪急線に乗り換える時に大混雑して大変な思いをしました。その時の教訓を生かして、今回はちょっと距離はありますが、西京極まで阪急で乗り換えなしで行けて、しかも始発駅で座れる確率の高い梅田に宿を取りました。

今日の晩ごはんは北新地のちょっとおしゃれな串揚げのお店も予約しています。いつもは走る前の日は消化のいい軽めのものを食べるのですが、今回はそんなの関係ありません(笑)。

ちょっと気温が低そうですが、最後の走りを楽しみながら、冬の京都の街を存分に味わってこようと思います。