テーマ:散歩

讃岐路 弾丸ツアー(その4・丸亀市)

坂出から丸亀まではJR予讃線で2駅、時間にしてもわずか10分足らずの距離です。市街地も宇多津町を挟んだ2市1町ほとんどつながっているので、違う市に来たという感覚はあまりないのですが、坂出が工業都市だったのに対し、丸亀は城下町で、どことなく歴史的な落ち着いたたたずまいを感じます。 また、ここはうちわ生産の全国シェアが9割を超える、うちわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

讃岐路 弾丸ツアー(その3・讃岐うどん)

高松、坂出と歩いてきてちょうどお昼どきになったので、昼食に讃岐うどんを食べることにしました。 ぼくは東日本の人間ではありませんが、うどんとそばではどちらかといえば「そば派」です。だけどせっかく香川県に来たのだから、お昼にはうどんを食べようと決めていました。もともとぼくはうどんに関しては、九州の柔らかいうどんはあまり好みではなくて、しっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

讃岐路 弾丸ツアー(その2・坂出市)

高松から予讃線の快速電車で坂出へ。坂出市は本州から瀬戸大橋を渡りきって四国に入ったところにある町です。 瀬戸大橋の上段を通る瀬戸中央自動車道と下の段のJR瀬戸大橋線は四国に入ったところで分かれ、自動車道はそのまま坂出市内に入って坂出ジャンクションで高松自動車道に合流しますが、鉄道の方はいったん宇多津町の方へ回り込んでから坂出市内へ入っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

讃岐路 弾丸ツアー(その1・高松市)

昨日の土曜日、四国の香川県へ日帰り強行遠征に行ってきました。目的はアビスパの試合観戦ですが、せっかく行くなら街歩きも楽しみたいので、博多駅を早朝6:33に出る「のぞみ」で出発。岡山で瀬戸大橋線に乗り継ぐと9時過ぎには高松駅に到着します。 高松駅は門司港駅のようにホームが行き止まりになっている構造で、こういうつくりの駅はいかにも終着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口散策記(その2・山口市)

防府市から山口市へはバスで約40分の移動です。下関を中心とした山口県西部は「サンデン交通バス」のエリアですが、このあたりは同社の営業エリア外のようで、山口駅行きのバスは「JR中国バス」でした。防府市と山口市は隣接していますが、途中に山があって市街地はつながっていません。 ところで、「山口県の県庁所在地は?」と聞かれると、一瞬答えに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口散策記(その1・防府市)

レノファ山口対アビスパの試合を観戦するため、アウェーの地山口へ行ってきました。 試合は15:00からなので、午前中はたっぷり街の散策を楽しむことができます。 まずやって来たのは、県の中央部、防府市。博多から新幹線と在来線を乗り継いで1時間程度で着きます。 「防府」市は文字どおり、奈良時代に周防国の国府が置かれた土地で、県の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北摂エリア散策記(その3・茨木市)

JRで吹田駅から3駅、茨木に来ました。 茨木市は大阪市と京都市の間に位置し、JR線と阪急線のダブルアクセスに加えて、市街地の近くに名神高速の茨木ICもある交通至便な土地であるため、典型的なベッドタウンとして発展してきた都市です。 午後1時半をまわり、それまで比較的しのぎやすかった気温もだんだん上がってきて、街を歩きまわるにはちょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北摂エリア散策記(その2・吹田市)

豊中駅から阪急電車に乗り、十三で千里線に乗り換えて吹田駅まで来ました。駅のすぐ隣には吹田市役所、その向かいには吹田市文化会館メイシアターがあります。 ぼくは以前アクロス福岡に出向していたことがあるのですが、この吹田メイシアターは多彩な自主文化事業をやっているし、貸館の部門でも非常に高い稼働率を誇っているし、公営ホールとしては全国的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北摂エリア散策記(その1・豊中市)

吹田スタジアムでのアビスパ戦を観るため、大阪へ行ってきました。 試合はナイトゲームだったので、夕方までの日中は存分に街歩きを楽しみました。幸い心配された雨は降らず、曇りだったので気温もさほど上がらず、理想どおりの天候で街歩きには好都合でした。 さて大阪(府)と一口にいっても、我々九州の人間からみれば単一的なイメージしかないのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南米・米国訪問<その8・シアトル(米国)>

12日間の長かった出張も、いよいよ最後の任務地です。南米大陸に別れを告げ、米西海岸のシアトルへ。 サンパウロからシカゴまで夜間の10時間のフライト。さらに翌朝乗り継いでシアトルまで4時間。 狭いエコノミー席での長時間の搭乗も、隣に人がいなければ少しは余裕があるのですが、UAのこの2便はどちらもほぼ満席で、手荷物も足元に置かざるをえず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南米・米国訪問<その7・サントス(ブラジル)>

9日目は、サンパウロの外港、サントスへ。コーヒー豆の銘柄でお馴染みの名前ですが、これはイエメンのモカと同様、コーヒー豆の積み出し港の名前が付けられているものです。 明治41年6月18日、日本からの最初の移民船「笠戸丸」がここサントス港第14埠頭に到着しました。現地には、その時乗船していた方の名前を記した記念碑がひっそりと残っていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南米・米国訪問<その6・移動日(エンカルナシオン~サンパウロ)>

南米出張8日目の17日(火)は、初日の10日(火)に続いて仕事が全く入っておらず、終日移動に充てた1日でした。 この日は翌日の仕事に備えて夜までに再びサンパウロに入らないといけないのですが、パラグアイ南部には空港がないため、陸路で6時間かけてシウダデルエステという町まで出て、パラナ川の対岸にあたるブラジルの都市フォスドイグアスから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南米・米国訪問<その5・エンカルナシオン(パラグアイ)>

いよいよパラグアイへ入国。ブエノスアイレスからは、国内線で北部の都市ポサダスまで飛んで、ここから鉄道で国境の川を渡ってパラグアイのエンカルナシオン市へ入ります。 ↑ポサダスからエンカルナシオンまでは鉄道で国境越え。「世界の車窓から」の石丸謙二郎さんのナレーションが聞こえてきそうです(笑)。 エンカルナシオンは、人口10万…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南米・米国訪問<その4・ブエノスアイレス(アルゼンチン)>

リオデジャネイロからアルゼンチンの首都、ブエノスアイレスへ移動。 リオからずいぶん南へ来たので、だいぶ過ごしやすい気温になりました。 初めての南半球。南へ行くほど気温が下がるというのと、太陽が東から北の空を回って西に沈むということが、どうにもしっくりきません(笑)。 それはそうと、ここブエノスアイレスは一般的な“南米”のイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南米・米国訪問<その3・リオデジャネイロ(ブラジル)>

次に訪問したのは、かつてのブラジルの首都であり、来年のオリンピック開催地のリオデジャネイロ。コルコバードの丘から巨大なキリスト像が見下ろす街です。 サンパウロとリオデジャネイロという、ブラジルを代表する2大都市は、飛行機で1時間足らずの距離であり、路線別の航空機利用者数は、このサンパウロ~リオ間が世界第1位だそうです(ちなみに2位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南米・米国訪問<その2・サンパウロ(ブラジル)>

今回の出張の最初の任務地はサンパウロ。人口1,100万人を抱え、ブラジル随一の経済都市、というよりも南半球で最大のメガシティといった方がいいかもしれません。 街は活気があって賑わっていましたが、近代的な高層ビル群の一方で、「ファベーラ」と呼ばれる、レンガやコンクリートを単純に積み立ててつくっただけのような小屋が密集している貧民街も点在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南米・米国訪問<その1・ニューヨーク(米国)>

成田から最初の訪問地、サンパウロへ行くのにトランジットのためニューヨークへ立ち寄りました。 全日空便の到着はクイーンズ区のジョン・F・ケネディ空港でしたが、乗り換えるUAのサンパウロ便はニュージャージー州のニューアーク空港から出発。つまり、ニューヨークの街を東から西に大移動しなければならず、必然的にマンハッタンを横切って行くこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お散歩

今日は天気がよくて、暖かかったですね。 いつも休みの日はジョギングをしてるんですが、昨日は愛宕神社でハードな練習をしたので、今日は回復トレーニングのつもりで、走るのはやめてウォーキングにしました。 17日の熊本マラソンが近づいてきたのでそろそろ走り込みの量は減らした方がいいのと、あと今日はなんとなく気分転換に知らない道を遠くまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山形訪問記(山形市編)

米沢駅に着くと、8分後に山形方面行きの「つばさ号」があったので、それに乗ることにしました。 山形までの窓外ではけっこうな雨が降っていたのですが、今日は午後からの天気予報はさほど悪くなく、ぼく自身も基本晴れ男な方なので心配はしていませんでした。山形駅に着いても雨は残ってたのですが、駅前のモスバーガーでコーヒーを飲みながらしばらく時間をつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山形訪問記(米沢市編)

夜の間に降っていた雨も朝にはあがっていました。今夜はアビスパの試合があるので、それまでなんとか天気がもってくれればいいのですが。 米沢市は、上杉鷹山の大胆な藩政改革で知られる米沢藩の城下町で、山形県に統合される前は置賜(おきたま)県として独立した県だったので、今でも独特の文化を持っています。 米沢駅は市街地の東のはずれにあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山形訪問記(新庄市編)

3連休を利用して、山形へ行ってきました。JALの東京往復航空券があったので、それを使って山形まで足を伸ばして“みちのく一人旅”。 山形へ行こうと思った一番の理由は、アビスパのアウェー戦があったからなのですが、どうせ行くのなら2日間かけて山形県内いろんな地域を回ってみたかったし、3連休だと休みを取らずに行けるので、梅雨明け前で天気の…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

松江マラソン参戦記(その1)

今年度の初レース、第53回松江玉造ハーフマラソンに出場するため、25~26日の土日にかけて松江まで出かけてきました。 25日(土)、博多発8:04のひかりレールスターに乗り、新山口で在来線の「スーパーおき2号」に乗り換え。「スーパー」とたいそうな名のつく特急列車の割にはたった2両編成というところがいかにも山陰線という感じがしますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春風を感じて(その1)

第7回ひとよし春風マラソン出場に合わせて鹿児島県北薩地方から熊本県球磨地方にかけて小旅行を楽しんで来ました。以前はこういうマラソン旅行の際は応援を兼ねて嫁も一緒についてきていたのですが、近年は専ら一人旅がほとんど。ぼくも気ままに街の中を歩き回るのが好きなので、一人の方が気がねなくていいんですけどね。 まずは福岡空港9:00発のプロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関門小旅行

今年最後の土日、関門エリアに遊びに行ってきました。 土曜日、まずは高速バスで下関へ。天神バスセンターから下関行き「ふくふく号」に乗って、唐戸バス停で降りると、すぐに唐戸市場があります。先月マラソンで下関へ行った際に、完走後の極度の疲労と身体的ダメージにより断念した唐戸市場での食事。今回はその時の分も、という思いでやってきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柳川散策

今日は仕事で柳川へ行ってきたのですが、仕事の方は15時頃終わって解放されたので、久しぶりに柳川の街を歩いてきました。 10年ほど前は、有明海沿岸道路との関係で柳川駅の東口を開設して区画整理を行う事業がまだ計画段階だった頃に、当時の仕事がらみで現地へ行ったり図面を見たりすることが多かったのですが、その後は「お花」であった元同僚の結婚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠くへ行きたい(その3・鎌倉)

「遠くへ行きたい」シリーズ最後は、神奈川県の鎌倉です。 鎌倉のいいところは、京都と同じく豊かな自然と歴史的景観の調和。京都は四方を山に囲まれているのに対し、鎌倉は三方を山、そして一面は海に面していて、入り組んだ路地やお寺の境内から海が見える景色が、歴史ある街並みのアクセントになっていて、すごくいい感じなのです。 鎌倉も四季の移ろ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

遠くへ行きたい(その2・仙台)

「遠くへ行きたい」、続いては、ぼくの好きな街・第2位の仙台についてです。 仙台のいいところは、誰しもが抱く印象のようですが、その街並みの美しさ。「杜の都」とはよくいったもので、そこそこの大都市でありながら、都心部においても緑の多い街並みはとても清潔感あふれていて、街を歩いている人々も皆マナーがよくて悪い人は一人もいないように見えま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠くへ行きたい(その1・京都)

秋も深まるこの季節、無性に旅に出たくなる気分になることがあります。今年は忙しく、また旅に出るような心の余裕もあまりなかったこともあって、振り返ると今年はまだ旅行らしい旅行はしていないことに気がつきました。 ぼくは昔から旅行、というよりもいろんな街を歩くこと自体が大好きで、中学生の頃からお小遣いやバイトのお金を貯めてはあちこちに旅に出て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八女散策

今日は仕事がらみで八女市まで「広報PR力」のセミナーに行ってきました。 本当の名目は受付などの「運営補助」での参加だったのですが、しっかりと中に入って受講してきました。 日々のコミュニケーションのメニューの整理から、効果的なPRの実践方法など、参考になる話をたくさん聴くことができました。印象的だったのは、自分が思っている「自分」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松山散策記

四国の松山に来ました。 ゆうべ早めに寝たので今朝は5時半には目が覚めたのですが、もう外は明るくなっていました。 松山に来たのは、久しぶりにアビスパのアウェー戦を観るため。鳥栖戦などを除き、本格的なアウェー参戦は本当に久しぶりでワクワクします。キックオフは14時なので、午前中はゆっくり松山の街を歩くことができます。 宿泊した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more